建築現場のおじさん

a0143868_3484973.jpg



子どもの頃、家の隣は空き地。
ある日そこへプレハブが建ち、集合住宅の建築工事の方たちが
やってきました。しばらくの間そこで寝泊まりしながらのお仕事。家の水道管から引いて水を使っていたりで、家族ぐるみでお付き合いが深まリました。

おじさんからお兄さんまで、朝早くから働き
地方からこの現場にやってきて、大人達が生活を共にしている
その風景は、子どもながらになんだか楽しそうに思えました。

若いお兄さん、あだ名は「白」。白いヘルメットをかぶっていた
から。(みんなかぶっているんですけれど 笑)
空いた時間やお休みの日には、近所の子ども達と一緒に路上で野球をしたり沢山遊んでもらいました。
現場監督のおじさんには、蛇を食べた話やなんやら面白話をいっぱい。あだ名は、「ひげひげ」。もちろんおひげ顔だったから。
のら猫を一緒にめんどうみたり。
褒められたり、叱られたり、一緒に笑ったり。
そんなこんなで、小学校から帰ると沢山のおじさん達に見守られていました。

団地が完成し、お別れの時は涙が出ました。
少しずつ少しずつ人がいなくなり、プレハブが壊され
もとの空き地に戻って行く時の寂しかったこと恋しかったこと。
家族だけでなく、近所やその時々出逢った大人の人に
学んで心育てられていました。

今の子ども達にも、そんな周りの大人との関わりが素敵にあるとよいなぁ。
危険な怖い事にも負けない、大きな大きな心の交わり。





by ayakoym | 2014-07-18 09:04 | あれこれ

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30