暑さ恋しい

a0143868_00242038.jpg




美味しくいただいた果物の種を植えたら芽が出て、小さな苗木になりました。

そろそろ根が育つように大きめの鉢に植え替え。

でもベランダで大丈夫かな~、もうすでにあれこれでいっぱい。

お庭がほしいです。


争いの中に生まれたそれぞれのいろんな思い

ぶつけるのでなく、それらを乗り越えられたらきっと。

乗り越えるって大変だけど、その先はきっといい力が生まれる。

そう学んだ、夏の記念日。


しとしと雨の8月まんなか。

人も植物もお日さま恋しい日々。

とっても暑いのは辛いですが、まだ夏を過ごしたい。

まだまだ暑さを味わいたいです。






# by ayakoym | 2017-08-17 09:14 | あれこれ
a0143868_22483033.jpg



バスを降りてちょっと先を行く女性、

ふと立ち止まり 道へ下ろした手を並木の幹へと動かします。

ひっくり返っていた蝉をそおっとお助け。

地上でのわずかな一生、まだ力はあるよと応援です。


夏の朝の玄関前は、ちょっと鳴き疲れた蝉たちがよくひっくり返ってじぃっとしています。

たいていは、ゆびをそぉ~っと添えると足で掴み

力をかすと木へ止まったり ちちちちと鳴きながら空へ飛ぶことができます。

よかったよかった、夏の音今日も聴かせてね。



残暑お見舞い申し上げます。

太陽がじりじり、焼けてとろけてしまいそうな夏ですね。

街歩きもわずかな日陰を探しつつです。

ここ数日は少し和らぎほっとしています。


東京生まれな私、この時期帰省する友が多いので

心はちょっぴり寂しいです。

みなさん心ゆっくり良い時を、行ってらっしゃいませ。

笑顔のお帰りお待ちしております。






# by ayakoym | 2017-08-13 22:54 | 季節

また来年

a0143868_06531818.jpg



枇杷が大好きであります。

出会える時は短い。あぁ、今年もお別れの時期。

ほどよい橙色の皮をバナナの皮のようにむいてぱくっと。甘〜くジュゥシー。

”その時期にそれを味わう”フルーツの一品。

そんな枇杷のデザート。

今でこそいろいろですが以前はあまりなく

千葉の犬吠埼のとあるホテルでつくっている枇杷ゼリーがありまして、当初はとても珍しかった一つ。

夏のお土産にたまらなく美味しいのです。


今年はもうお別れですね。

また来年、この時期にお会いしましょう。


この時期になると会える、そんな季節のものがある。

しかも日本には、4つも季節があるのでそれだけ色とりどり。

生き物も植物も食べ物も。

そう、引き出しやタンスの中の洋服もですね。

また来年。

そうしてあたたまる 育つ 心があります。






# by ayakoym | 2017-07-27 09:14 | 季節

早起きのお得

a0143868_00160143.jpg



みんみんみぃ~んと蝉がなく前の6時頃

鶯さんは鳴き始めます。

その音は、避暑地の森にいるよう。

小さな緑地の中ですが空に響いて気持ち良いです。

そのまま午前中、ぽつぽつと鳴いて、一休み?どこかへお出かけ?

夕方また、やって来ます。

蝉が鳴き始めた分、ちょっと少ないオンステージになっているような。

(蝉の鳴かない時間に、唄っています。)


なので午前中は、ちょっと軽井沢の別荘に(夢)いる気分のお得な時間です。




こちらでも梅雨が明けました。

北九州へ、雨はお休みで程よい太陽の光と力が届きますように。



# by ayakoym | 2017-07-20 09:04 | 季節

ちょうちょ

a0143868_01070673.jpg



雨風のすごい嵐でしたね。

ベランダの美味しいものが折れたり落ちたりしないか心配でしたがなんとか無事です。

空梅雨の緑が潤いました。


そういえば、この春はあまり蝶に逢えていない気がします。

お店で山椒の苗を見ていたら、何やら幼虫がくっついているのを見つけ

やったぁ~と喜んでその苗を買って帰りました。

しばらく浮き浮きして楽しみにしておりましたが

残念ながら、蝶にはお目にかかれず、、


蝶に出逢えると

なんだかそこに贈り物が飛んできた気分になったり。

飛んで来てくれたんだという気持ちだったり。


ちょっと嬉しいことがあると心にぽっと花が咲き

心踊ると蝶が舞います。


なんだか嬉しい そんな気持ちの日は、

雨模様でも優しくちょうちょが舞っています。






# by ayakoym | 2017-06-22 08:24 | あれこれ

命の誕生

a0143868_03012839.jpg


上野でパンダの赤ちゃんが誕生しましたね。

パンダって可愛い、愛らしいです。赤ちゃんは何倍も!

その愛くるしさに心奪われてしまいます。

経済効果がとってもすごいらしいです。


初代パンダが上野へやって来た頃、

大行列覚悟で連れていってもらいました。


そしてやっぱりパンダのぬいぐるみがお土産です。

この頃のぬいぐるみは、本当に”縫い” ”ぐるみ”。

凹凸がなく座布団のような平べったいぺったんこでした。

作ってもらったちょっきとスカートを着せて(弟のは、ズボン)

いつも一緒に寝ていました。

ぽろっと取れかかった腕や首を何度も縫い合わせては大事にしていました。

進み続けなくてはならなくて立ち止まって見れなかったりでした。

動物園の方々の飼育の大変だったこと、これからしばらくも目が離せない中。

パンダの成長を見ていると親の気持ち目線がどこにあるかが本当に大事なんだとわかります。

育児放棄されたりするとすぐに弱ってしまいます。

育つってそれだけ大変、そして素晴らしい。

パンダに教えられます。

しっかり、しっかりと見つめてあげてほしい 我が子を。


ぬいぐるみのパンダさん、おしい入れの奥から出して、久しぶりに日光浴させてあげよう。






# by ayakoym | 2017-06-16 08:04 | あれこれ

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31