カテゴリ:あれこれ( 120 )

うぐいすの朝

a0143868_053863.jpg

きゅ~るぅるぅるぅるぅ
ほっ、けきょけきょけきょけきょ
ほーほけきょっ

朝はや~く鳴いています。
気持ち良さそう。
静けさの中なので、こだまして住宅街の空に広がって行きます。
以前お話した頃からずっと
緑の中をさがしますが未だに姿に出逢えずです。
声だけで、なんだか幸せにしてくれる憎いやつですね。
早起きのうぐいす。
今日はゴミ収集車の音楽をバックに鳴いていました、笑

自然も社会もスポーツも、災害や事件事故、
衝撃的な出来事が多い今日この頃ですね。
そこにあった夢や希望や願い、普通のことあたりまえのこと。
一つ一つの思いのことを考えた時つーんと心が痛いです。
そこにいる人たちの苦しみや悲しみは、どんなでしょう。
悲しいのに苦しいのに、つーんと痛んだ分だけ
何かをもらっています私たち。
もらったものを大事に、だれかのほーほけきょになれたらいいな
です。

今日も、ほーほけきょ
とどきますように。
by ayakoym | 2014-07-10 09:14 | あれこれ | Trackback

紫陽花畑

a0143868_2351793.jpg


梅雨の晴れ間、ちょっと歩く時間を増やして帰りましょうと
てくてく歩きますと、会います会います紫陽花たち。
どなたかのお宅や小さい路地に咲いている、
しっとりしなやか静かなおしとやかな紫陽花が可愛いい。
時々、住宅街の山の斜面に広がっている紫陽花畑もあったり
何処かの有名な名所のようないい景色です。

この時期楽しみなのは生菓子なのです。
和菓子のお店の数だけいろいろ
紫陽花を模したものが咲き並んでいます。
あじさいは、夏の季語になっているので季節のお菓子の表現に
よく使われているのですね。
お気に入りのアクセサリーを見つけたような、そんな気持ちで
お菓子のショーウィンドゥを覗き込みます。
濃〜いお抹茶といただくことにしまぁす。

一息入れた後は、さぁ応援です。
がんばれザックジャパン!
by ayakoym | 2014-06-19 09:14 | あれこれ | Trackback

とかげのしっぽ

a0143868_2232492.jpg

きれいな色のとかげがちょろちょろやって来ていました。
ようこそ、わがベランダジャングルへ!

とかげのしっぽはご存知の通り切っても新しく生えてきます。
身の棄権から逃れるため切り捨てる、自切(じせつ)というのだそうです。脱皮が必要なからだなので、何回かの脱皮で再生してゆく。
子どもの頃は、それはそれは驚きの大不思議なできごとでありました。興味津々でいろいろと・・・・とかげさんごめんなさい。

人の身体は同じようにはいきませんが、失ったものを力のなくなったものを他のものが補う力がやはりあるようです。
身体の中で見えるものかたちあるものがそうであるように、
目には見えずかたちはないけれど、心もそうですね。
笑ってばかり幸せばかりでなく、結構あれこれあります心ん中は。
でも、そんなあれこれが美味しいスパイスになって
楽しいと再び感じ、新しい笑顔が生まれています。
そう出来るようにちゃあんと神様は、力をくださっているのであります。

美味しいスパイス、今日もいただきまぁす!

by ayakoym | 2014-06-12 09:04 | あれこれ | Trackback

春の小川

a0143868_18104965.jpg



この春お亡くなりになった大先輩が、
「春の小川が好きなんですよ。」
とおっしゃっていたのを思い出しました。

誰もが小学校の音楽の時間に出逢う歌。
そうお聞きしたとき、すっかり頭の中から消えていた
そのメロディが懐かしくよみがえって来ました。
大人になって改めて口ずさんでみると
あぁ、いいなぁ私も好きだなぁと歌の風景を愛おしく感じました。
もう、100年以上にわたって歌い継がれているのですね。
しばらくの間、歩いている時など口ずさんだりリズムをとるのは
ふと気がつくと「春の小川」なのでした。

もうお会いできないのは、寂しく悲しいでのすが
変わりに心に沢山のことを残してくださいました。

「好きなんですよ。」とお話しされていた時の
笑顔と瞳がとてもきらきらしていたのを覚えています。

春の小川は さらさら行くよ
岸のすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく
咲けよ咲けよと ささやきながら

春の小川は さらさら行くよ
えびやめだかや 子ぶなのむれに
今日も一日ひなたでおよぎ
遊べ遊べと ささやきながら
by ayakoym | 2014-05-30 18:44 | あれこれ | Trackback

いちご

a0143868_043599.jpg


幼稚園の園庭でも、花や果物野菜いろいろなものを育てます。
お当番で代わる代わる水をあげたり、収穫したり。
特に年少組の子どもたちは、お水をあげなきゃと自分に任せられたお手伝いに一生懸命です。(気がつくと湖になってしまうので要注意なのですが、笑)

いちごの苗を育てた時、
花が咲きはじめると見つけるたびに大喜び。
大興奮で伝えにきてくれます。
私「早くいちごさんになるといいね。」
子「うん。」
私「いちごさんにがんばれーって。」
子「がんばれー、おっきくなってね。赤くなってね。」
まっすぐ見つめ真剣に話しかけて
黄緑の実になりはじめたいちごに応援です。
きっとそんな心が届いて、美味しそうな赤い実。
でも気がつくとあれっ?あらら?誰かの可愛い口の中に・・・・。
美味しそうでつい手が出てしまったようです(笑)

子どもたちの真剣な心に触れて、
私たち大人は忘れていた何かをもらえている気がします。


もうすぐベランダの小さいいちごがなりそうです。
(ワイルドベリー)
緑の葉をいっぱいしげらせて
そのあいだあいだに可愛い白い花を咲かせ
今年もベランダのアイドルです。
by ayakoym | 2014-05-15 09:14 | あれこれ | Trackback

緑の季節がやってきた

a0143868_3341263.jpg


新しい緑の生まれる季節、大好きです。
町を歩いていて、生まれたての緑たちに出逢えると
やぁ、こんにちは。
見上げたりかがんだりしゃがんだり・・・・
しゃがんだりする時は、人通りが多いと
ちょっと恥ずかしかったりして我慢する時もありますが
やっぱり眺めたくなり人がいなくなるのを待って戻ったり。
(変な人に見えてますね、きっと)
若葉や新しい姿に心が笑顔になります。

そうこの間、この春初めてのアゲハチョウ。
そおっとそおっといつも遊びにきてくれます。
by ayakoym | 2014-05-12 09:14 | あれこれ | Trackback


a0143868_03152434.jpg




春が来てそれぞれの新しい時が始まりましたね。

幼稚園生活の頃、年長組では心もからだも大きなお兄さんお姉さんになった子どもたち。たのもしく何でもお願いできて、小さい組のお友達を助けてくれます。
そんな子どもたちも春、小学生になると高学年のみんなに手をつないでもらったりまた一番小さなクラスです。
助けては助けられ、そんなくり返しで大きくなるのですね。

あの人はあの子はどんな始まりが出来たかなぁ。

うれしくわくわくこの季節を迎えた人もあれば
悲しくつ辛く残
念な思いを越えて迎えた人も
春の美味しい空気をいっぱい吸って、
新しい出逢いや出来事を心いっぱいただきましょう。

3.11震災から三年の春。
あの日、辛い事の後に春が来たことがとても大きかったように思います。
うふふ、にやにや、わははと今日も笑顔の元気がうまれますように。





by ayakoym | 2014-04-14 09:14 | あれこれ | Trackback

2014年

a0143868_234953.jpg


新しい年
おめでとうございます。

旧年中はありがとうございました。
春を感じるあたたかさで
富士山の似合う青空、夜空も星がきれいです。
私は、年越し蕎麦もお節料理もお餅も、年末から美味しいものだらけで大変です 笑

子どもの頃は、あんなに遠かったクリスマスでしたが
大人になるとあっという間の一年。
だからこそ、じっくり見つめて考える思う心を大切に過ごしたいと思います。

感謝ですね、私たちの平和。
それぞれの心に幸せがある事を願って。
みなさんに、きらきらな良い時間がいっぱいでありますように。

2014年もどうぞよろしくお願いいたします。

a0143868_02473.jpg

by ayakoym | 2014-01-05 00:14 | あれこれ | Trackback

今昔物語

a0143868_2302169.jpg

墨汁の開明株式会社TISの企画で展覧会が始まります。
「今昔物語」をテーマに会員それぞれが墨で表現しました。

子どもの頃お習字の時間、
緊張感、墨をすりおろす時のあの香り。
懐かしいなぁと思いながら、
そして改めてその香りと墨の輝きにほっとしながら描きました。
2回目となる今回は、原画と扇子を展示いたします。

銀座ぶらぶらしにいらして下さい。

額絵作品は一冊の本になりました。
「167人のイラストレーターが描く 新版今昔物語」小学館刊
原画作品は会場にて販売されます。


松屋銀座 7階遊びのギャラリー・和の座ステージ
2013年6月5日(水)〜6月11日(火)
10時〜20時 最終日は17時まで
入場無料
by ayakoym | 2013-06-04 12:04 | あれこれ | Trackback

ジューン・ブライド

a0143868_292316.jpg


6月です、早めの梅雨がやって来ました。
雨の季節ですが June bride『ジューン・ブライド』とあるように
淡いほんわりとした幸せ色を感じます。

しとしと、ざーざー、ぽつぽつ、
緑の中いろいろな雨の音を聞いて過ごすのもいいものです。

雨の日の幼稚園の朝
子ども達は、テラスまで来るのにいつもよりちょっと遠回りです。
園庭に水たまりができて、ちゃぷちゃぷ歩いてなぁんて楽しい!
葉っぱや草を浮かべしゃがんでのぞいてみると、
水のむこうに空や自分の顔が見えたり。
そんな日の冒険には、小さな長靴と傘が大活躍です。
大活躍というか・・・・
最後はびしょびしょでお着替えですけれど・・・・笑

空から恵の雨が私たちにいっぱい降りそそぐ月。
水の力をもらった後は、全てが色鮮やかきらきら輝いています。
心も洗われる時ですね。
by ayakoym | 2013-06-03 07:24 | あれこれ | Trackback

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31