カテゴリ:あれこれ( 105 )

枇杷の季節

a0143868_01485687.jpg


その先生は、厳しくも愛情あふれる方でした。

社会人になって最初の年にお会いして、10年近く保育の現場で日々共に過ごし

後にそれぞれの場所での生活になっても、変わらずの親交の時をくださいました。


教育者としての社会生活がスタートしても、充分な力を持てていない私はまだまだ学びの日々です。

先輩の技から学び指導していただき、時にはその厳しさに涙する事もありました。

でも、涙しながらも前進したい思いが心に生まれ成長の種をいくつかいただいたものです。

少人数の小さな職場でしたので、その人の生きる姿を身近に感じることができる毎日。

仕事を学ぶとは、そこにいる人から伝えてもらうこと、その人の生きる姿から伝わってくるものが

大きくかかわってきます。そう、人柄から多くを感じる事であるように思います。

もちろん、ちょっと嫌だなと思うところも出てくるものです、人ですから・・・・。

そんなところもひっくるめての学びを得られる人との出逢いは、宝物のなのであります。


好奇心旺盛で行動力があり、誰よりも先に何かのため誰かのためを実行なさる。

けれどお茶目で可愛い、夢中になるとまっしぐら。

少女のような心もあって、いつもお洒落な先生でした。


この時期、枇杷の実を見ると思い出すのです。

よく、庭に実ったと枝ごと持ってきてくださった。

今は亡き大先輩の姿です。






by ayakoym | 2016-06-09 08:44 | あれこれ

変わらずのもの

a0143868_02190533.jpg

歩く道には、ここでこの季節あの花に会えるとかこんな木がある、

あそこにあの犬が座っていると・・・・お決まりの場所がありまして、

楽しみのひとつです。

本当に久しぶりに足を向けても

変わらずの風景がそこにあるとなんだか幸せです。


街は、次へ向かうためにどんどん移り変わって行きますが、なかなか心も身体も

追いついて行けません。その隣りにある公園に入ったりすると、そこだけ違う空間

のような昔のままがあったりで、そんな場所がとても大事なように思えたりもします。


人も成長するためには変わる部分もありますが、染まらず変わらないその人の心が

そこにあることが難しくも素敵なことのように思います。

そんな心と心で感じ味わえる つながりを大切に過ごせる日々でありたいです。


今日もそこで咲く花は、今日は何人のひとの心をほんわりさせてくれたのかな。







by ayakoym | 2016-05-12 08:24 | あれこれ

今日に思う

a0143868_15424394.jpg

5年前の今日も同じ金曜日、寒い日だったのを思い出します。

だからでしょうか、いつも以上にその日のことが重なります。

新しい週、いつも通りに始まれることを願う思いと

そうではない大変な時が続き始まるんだという気持ちがありました。

それぞれが次の日次の日を重ねての今日 こうして過ごせています。

日本へのたくさんの心をありがとうございます。


自分の中で気づかされて学んだこと、そうしようと思ったことが

今はちょっぴり隅っこに行ってしまっています。

そんなあれこれ心改めたりの5年目です。



それぞれの涙の重さや香りには、

近づこうとしても その心には本当にはたどりつけず

同じ思いを感じることはできないのだけれど・・・・

自分の夢や希望を思い願い祈ることと同じように

誰かの何かのために思うこと願うこと祈ること

人にはそんな力の魔法があります。

そこから何かが生まれ

そこから力が強さが育ち


だから、お~いって大きく手を振っています。

笑顔でそちらを向いて

いい笑顔をみたいから、心いっぱいそちらへ届けます。






by ayakoym | 2016-03-11 16:14 | あれこれ

朝の可愛い出逢い

a0143868_21024497.jpg

朝のごみ出しは、寒い寒い。

ぼうぼうの髪を団子にし直し ささっと上着を羽織り

とんとんとん。

ちょうど歩道へ出る時に犬の散歩のおじさま、「おはようございます。」

赤いチェックのフリースがお似合い、小さな犬もピンクのセーターです。

あまりにも可愛くて 微笑んで眺めながら通り過ぎるの待ちましたら、

「からすがいるので気を付けて、、。」とのお言葉と微笑み返し。


どうやら今朝は、からすが美味しいものを探しているらしいです。

以前、頭をつつかれたことがあるのでちょっと恐かったりですが・・・・

そろりそろりと向かうと、もう植木の陰でもぐもぐ広げています。

からすも寒い時期は大変なのですね。

何かいいものはあったかい?

よく見るとからすの頭は、なんだか可愛いなぁ。


枝の先には春のつぼみが見えてきました。

まだまだ膨らむ前のようです。






by ayakoym | 2016-02-08 09:14 | あれこれ

雪景色

a0143868_03054714.jpg


あららという間に寒さが深まりました。

この冬は雪に会えないかなと思っていましたが

しんしんと東京の空にもやってきました。

雨まじりなのでちょっと残念。雪だるまはおあずけでしょうか。

出かける方は大変な道のり、雪道 坂道 お気をつけ下さいね。


歌と同じで季節のそんな姿は、あの頃その頃と懐かしい時を思い出したりです。

そこにいた人達も風景と共に思い出の中で心に帰ってきます。

大人になって忙しく過ごす中、日々が早く過ぎてしまう中、

ふとその時を思い出す時間は、ちょっと心ゆっくりになる大事なことかも知れません。


17日は、寒さの中での21年目。

あの日の朝、我が家の様子を思い出しながら

その日を思う日でした。







by ayakoym | 2016-01-18 08:19 | あれこれ

学んだこと

a0143868_01223659.jpg

授業で、ある猿の親子の姿から学んだことがあります。


大事に可愛いがられ育っていた子猿。

母親は、本当に愛し優しく守り育てていました。

ある日、悲しいことに母猿が病気で死んでしまいます。

その家族、兄弟姉妹みな 悲しみにくれもう動かない母親の側に

しばらく寄り添っています。

やがて悲しい中にも、心に区切りをつけたものからその場を離れ

生活に戻って行きます。

けれども、子猿は母の側を離れられませんでした。

心配した兄弟が呼びに来ますが、だめです。

ただただ、悲しく泣いて悲しみに向かうばかりです。

飲みも食べもせず母の身体に寄り添うばかりでした。

そしてとうとう、子猿も死んでしまいます。


子猿は、愛された分恋しく思う心を持ち

大好きな母を思い涙をながし悲しむ心は育っていても

悲しい出来事を力にかえる、悲しみを越える強さを持てませんでした。

母猿は、本当に大切に子猿を愛していました。

けれど愛する 可愛いがる 大切にするだけでは駄目だったのです。

別れを受け止め、母の元を離れ、生きて行く強さの種を

心に蒔いてあげれていなかったのです。



成人の日でした。

平和が平安が身近な私たちですが、

大きな災害や争い、辛い出来事を越えて迎えた人

まわりには見えないわからない中でも心の苦しみを乗り越えてきた人

それぞれが20歳を迎えられたこと、感謝です。

おめでとうございます。


生きる力が育っているからこその今日で、そしてこれから。

私も、負けずにしっかり”大人”を育てなくては。


東京でも思いがけずの初雪です。







by ayakoym | 2016-01-12 08:29 | あれこれ

あたたか色

a0143868_01140164.jpg

この連休は、寒さがやってくるそうです。

みなさま、あたたかくしてお気をつけください。

なんと花粉もちらほらのようです。

”はぁっくしょん”といつものくしゃみがとまらない夜でした。


まだ冬真っ盛りですが

雪や枯れ葉や深寒い土の奥では、

あたたか色たちがきっと

ぐんぐん春に顔を出せるよう頑張っている頃。

楽しみ楽しみ。






by ayakoym | 2016-01-09 09:04 | あれこれ

届けもの

a0143868_03240387.jpg


申年のこの一年も、きっとお猿さんが沢山の宝物を届けてくれるはず。

でもそれに気づけるかは、自分の心しだいなのです。







by ayakoym | 2016-01-07 08:24 | あれこれ

2016年

a0143868_02560435.jpg

早めの春の日差しがあたたかいです、新春です。

出かけた時 眺めた枝の先には、もう梅の花がぽっぽっと咲いていました。

12月から1月になっただけで、もうなんだか心がうきうきしてしまいますね。

気持ちは春色。

今年はこんなことあんなことを・・・・と夢広がる時。


どんな時もどんな場所にも誰の心にも、ほんわりといい色が生まれ

何よりも笑顔が沢山でありますように。

平和の力を信じ願いつつ。



明けましておめでとうございます。

旧年中は、ありがとうございました。

”さ”いこうの

”る”んるんな

一年となりますように。


本年もどうぞよろしくお願い致します。







by ayakoym | 2016-01-04 09:04 | あれこれ
a0143868_02225776.jpg


かさかさ落ち葉の季節となりましたね。

秋の道を歩くのはまた、葉を踏む音が楽しかったりします。


昨日は、”世界こどもの日”、 ふと思い出しました。

保育学校での学びの時、先生が授業のはしっこで話してくださったこと。

「赤ちゃん こどもは、愛されて育っていくのです。愛が必要なんです。

だから、可愛いなぁ~と愛されるように神様がつくられた。」

それは、私たちよりすべてが小さかったり弱かったり純粋だったり

つぶらな瞳をもっていたりいろいろだからだけれど。

そして、愛すること こどもに向き合う事で

私たちは気づいて育てられている、心改める事ができている。

こどもは、大人にとって必要な存在なのだということ。


悪い心のない人などいないのだけれど、

ちょっと気の合わない人、意地悪な人、ずるい人、危険な人、

間違った事をしてしまった人(自分も時には、誰かにとってそうかもしれない。)

そして、恐ろしい憎むべき事をしてしまった人

みんな、最初はこどもだった。

愛されてやまない可愛い天使であったはず。


だからこそ、

ぶつかるだけでなく、どうして?と知る事への努力を大切に

悲しみ憎しみを乗り越える強さが生まれることを願い

力の戦いではなく、心の中の闘い

時間はかかっても、

その先に心かよい合える時があると信じて願います。


憎しみが生まれてしまった分

今、こどもたちにしっかり向き合ってゆこう。

平和の種はそこから蒔かれてゆくのだと思うのです。


今日から三連休ですね、お休みの人もお仕事の人も

心に 秋の美味しい いい時間となりますように。






by ayakoym | 2015-11-21 12:49 | あれこれ

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30