カテゴリ:あれこれ( 120 )

ウルフ

a0143868_02370480.jpg

稀勢の里、19年ぶり日本出身力士の横綱誕生。

やっぱり嬉しい。

その強さと技と心、精神の奥にあるのは

師匠からの心。

人から人へ伝わるもの伝えるべきものが活きて輝いてるのですね。

そんなちゃんと受け取れる心の人として

稀勢の里を育てられたご両親の喜びの姿も

とても人柄あふれ微笑ましかったです。

インタビューなどのしっかりとした言葉から

力士として記録や数字だけでなく、人としての横綱を深めてくれそうな気がします。


我が家は、初代貴乃花に始まってウルフ千代の富士に夢中でした。

お互い引退を決意した対戦

貴乃花は千代の富士、千代の富士は二代目貴乃花というドラマでありました。


千代の富士も稀勢の里も、土俵の上の闘志あふれる表情とは違う

普段のお茶目でやんちゃな一面がまたいいです。






by ayakoym | 2017-01-27 08:44 | あれこれ | Trackback

立冬とともに

a0143868_01471839.jpg

7日の立冬とともに急に寒さがやってきました。

ぶるぶるです。慌てて冬物を引っ張り出したり。

木枯らし一号もびゅーびゅー強めに吹いていました。

秋の時をゆっくり過ごしていたら、ちょっとフライングの冬です。


政治や社会では思いもよらない出来事や結果が出て

戸惑う日々ですね。

命の重みが薄れて感じる出来事も増えています。

この世界の迷走に不安や疑問やいろんな心の思いが溢れる時ですが。

すべては私たちが選んできた先にじりじりとやってきたもの。

きっと神様がしっかり生きなさいと、教えてくださている時なのだと思います。


天気予報ではちょっとまた暖かくなりそうで、ほっとしています。






by ayakoym | 2016-11-12 02:04 | あれこれ | Trackback

じぃ〜こんの電話

a0143868_03311476.jpg

この間、久しぶりにくろ電話を見れました。

博物館で展示部屋の間の通路に、まるでその時代を感じるような姿で置かれていました。

”じ~こん”と人差し指を入れて回すあの音。そうダイヤル回すあの電話です。

ダイヤル回しやってみたい衝動を抑えつつ、、我慢で通り過ぎました。

触ってもよかったのかなぁ。


家族に隠れてなんて電話のできなかったあの頃。

誰が出るかわからない電話の向こうの声にどきどきしたり

かかってきた電話に喜んだり。

スマートフォンに比べると不便でしたが、ベルが鳴り相手のわからないまま電話に出ると

あったかい気持ちがやってくる。

心でちょっと生の温もりが感じ合える、くろ電でした。


私が生きている間に電話は、

ダイヤル~プッシュホン~ポケベル~衛星電話~PHS~携帯~スマートフォン

すごい~ですね!


野菜などちょっと高めですが・・秋の美味しいものがこれからいっぱい。

食べつくしたいのですがお腹が持ちませんね、きっと。

仕方ないので選んで食べます、もぐもぐ。







by ayakoym | 2016-10-27 08:40 | あれこれ | Trackback

時間の美味しさ

a0143868_11374865.jpg


社会人になって数年後、仕事帰りに教習所に通いました。

それまで、1日仕事をしてバタンキューで帰っていたはずなのに

運転という夢の取得のために通う夜は、楽し。

授業が終わった後も、まだ20時頃で夜ってこんなに時間があるんだとわくわく。

仕事後の時間の広さを新たに味わいました。


学生時代の仲間とは卒業後もよく旅に出かけペンションに泊まったり。

冬はスキーで夏は、テニス。

ペンションにコートが付いていると朝食前にテニスタイム。

食事前に何かを一つ終えるってなんだか得した気分。1日が素敵に長く感じました。


ぼぉ~っとすることの多い私なので、

ぼぉ~っとしながらあれこれ思いめぐらしているうちに時間が過ぎてしまっていた

なんてことが多いのですが・・・・。

もちろん、そんな時間も大事ですよね。

そんな普段だからこそ、1日を有意義に使えた時の新鮮さがじんわりです。


秋は、なんとなく深い時間を味わえる時ですよね。

目も心もお腹も・・・・あ~美味しい〜を過ごせますように。






by ayakoym | 2016-10-20 14:09 | あれこれ | Trackback

金木犀の頃の思い出

a0143868_00314214.jpg


勤めていた小さな幼稚園の園庭には、大きな金木犀の木があります。

2階の屋根にとどくくらいの高さです。

この季節、オレンジ色の香りの向こうに可愛い赤白帽の子ども達が頑張る姿があります。


遊戯や競技、年代の違いや成長が観れる一つ一つ。

一人の競いもあれば力を合わせるものもあり、運動会という1日に向けて子ども達は

多くの体験をして身体と心を育ててゆきます。

もちろん、勝ち負けのあるのが運動会。悔しい気持ちも生まれたり、その経験こそが大事なのです。

一生懸命頑張ることの喜び楽しさを身体いっぱいで感じてほしい時です。


競う意味で、初めて椅子取りゲームをしてみました。

繰り返すうちにルールをわかって、だんだん最後まで残りたい想いが増してきます。

そんな中、座れなかった結果を受け入れられず泣き立ち尽くす子。

その場を動きたくもなく、、涙も止められず、、でもゲームは最後まで進みます。


涙の消えた頃次のゲームに再び戻ってきました。

なんとなくその子が椅子近くの時に音楽を止めながら・・・・(ちょっとだけ手助けします。)

あぁ、やはり途中で負けてしまいます。

どうかなぁとその子の様子を見ると、同じ負けでも 今度は違っていました。

立ち尽くすのでなく ちょっと照れながらも負けを受け入れられる心になっていました。

その子なりに乗り越えた後の表情は、とっても良いものです。

私たちもとびきりの微笑みとなで手で小さなお祝いです。


練習で身体を動かした後は、金木犀の花びら集めてゆったりです。

大事に入れ物に入れたり、おままごをとしたり「先生にプレゼント」と持ってきてくれたり。

とても小さくて砂に埋もれたりしている花びらがある園庭は、ちょっとした宝の庭です。

職員も準備やなんやらで齷齪過ごしている中、ふと気がつくとあるその花と香りに

心落ち着く季節です。


運動会の秋ですね、みんないい汗かけますように。



a0143868_18000454.jpg






by ayakoym | 2016-10-11 08:40 | あれこれ | Trackback

香る秋の日

a0143868_03081507.jpg


歩いているとほんのり甘い香りがするこの時期。

花の姿よりも先に香りに出会い、あらぁどこから?どこにいるの~?と探します。

金木犀の季節ですね。


あまりにもキョロキョロしすぎて、なんだこの人はと思われているかもしれません・・・・。

あっ、こんなところにいた!とオレンジ色の小さな花たちを見つけると

顔を近づけたくなります。香りをいただいてから可愛い花のかたちに癒され、

そんなこんなをしていると、ついつい遅くなてしまい急ぎ足の秋です。






by ayakoym | 2016-10-03 12:04 | あれこれ | Trackback

月夜の時間

a0143868_23502583.jpeg

今日は十五夜

月の綺麗なこの時期の夜は、絵の具に例えるとちょっと透明感のある限りなく黒に近いグレー。

夕方から夜中まで、ちょっとお洒落で心躍る時間。

程良い時の流れ、深くじっくり味わえる。

去りゆく夏は、いつも恋しくなるのですが

次に待っている秋も、美味しゅうございます。


今年も9月11日が来ました。

いろんな想いが、やがていい色の花を咲かす栄養にきっとなるはずです。






by ayakoym | 2016-09-15 23:54 | あれこれ | Trackback

ポプラの木

a0143868_23280087.jpg

よっぱらい台風が通り過ぎました。


通っていた学校の校庭には、東京では珍しい立派なポプラ並木がありました。

一本が太く、数十年ものの高く空に近い木のてっぺんでした。

ポプラなので、春の花の後には綿毛で種子ができふわふわ飛びます。

ある時期は、真っ白な世界で校庭は綿帽子でいっぱいになります。

周辺の方には少々困ったものだの時ではありましたが。


ものすごい台風がやってきました。

授業は、早めに終わり危険を感じながらの帰宅です。

傘もさしていられない、駅のホームにも立っていられない、強い風。

制服なんて雨を吸い込んで重たい、、

びしょびしょで帰りました。

その台風に、ポプラの木はなぎ倒されてしまいました。

痛々しい姿を眺め、自然の力にはかなわない怖さと

大事な学校の一部が無くなってしまったようでとても寂しく悲しかったのを覚えています。


綺麗に片付けられた校庭は、見えなかったはずの住宅の景色に囲まれるようになり

広く違う空間のようでした。

自分が中心で動いているような日頃ですが、大きな自然のパワーの中にいる私たちです。


今回は、台風の後の大きな傷がいっぱいです。

早く早く、見つかりますように。

いっぱいいっぱい力が届きますように。






by ayakoym | 2016-09-01 23:41 | あれこれ | Trackback

違いを越えて

a0143868_17164822.jpg

オリンピックからパラリンピックへとバトンが渡りますね。

テレビ観戦、真剣になるとテレビに向かって正座です。

きっと皆さんもそうですよね?

そうして熱い応援です。


国と国の勝負の中にも、人として相手を思い気遣い讃え合い

国や人種や価値観それぞれのものを越えて、お互いがそこで響き合う。

スポーツの祭典の時が来るたびに、皆がきっと味わっている感動

そうだなそうありたいと感じること。

人は、そう味わっても時間とともに心から薄れたり忘れたりしてしまいます。

だから、この数年ごとの感動はとっても大事です。

心に繰り返し得るべきものがオリンピックには秘められています。


違いを乗り越えての心の出会い 笑顔や涙で輝いていました。


a0143868_17185279.jpg





by ayakoym | 2016-08-25 23:37 | あれこれ | Trackback

さぼてん

a0143868_04555342.jpg

私の時代は、結婚の二次会などでお返しにミニさぼてんを贈ったりが流行って

私もいただいて育てました。寄せ植えなどしてみたりで盆栽とはまた違った

小さなお庭を楽しみます。

ある日ぽこっと子ども?のように端っこに新しい膨らみが生まれたり

なかなか心楽しいさぼてん生活です。

水やりは、植木のように毎日までは必要なくあげすぎても良くなく

強いようでかよわかったり。


そんなさぼてん世界をのぞいている時は、頭の中はさぼてんさぼてん

小さいながらも宇宙を感じ、あれこれよけいなことは気にしない~心になっています。






by ayakoym | 2016-08-18 12:04 | あれこれ | Trackback

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31