<   2015年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

a0143868_18271576.jpg
a0143868_18262243.jpg



待ちに待ったクリスマスです。



サンタクロースは大忙しの夜を終え、ゆっくりしている頃でしょうか。

子ども達の心にサンタクロースが生きているということは、

”かたちのないもの見えないものを信じる心の種”を育てていること。

そんな心が大事。

かたちないもの見えないものを信じられる心があるからこそ

人と人はつながっていられるのだと思うのです。


身近な人となら分け合えていても

隣人と分かち合う、それがちょっと難しくなっている世の中です。

a0143868_19061387.jpg


美味しいデザートも
はんぶんこに分け合って食べるともっとしあわせ。
きれい月やきれいな夕焼け 一緒に見れたら倍嬉しい。
大変なことも力を出し合い、
苦しい悲しいことは一緒に感じ分け合えたなら

もっともっとしあわせ。


a0143868_18282887.jpg














そんな時間を過ごせていますように

そんな心が生まれる今日でありますように

平和を祈り願いつつ。


Merry Christmas☆

a0143868_18264150.jpg






by ayakoym | 2015-12-25 19:42 | クリスマス
a0143868_01522903.jpg
a0143868_01511459.jpg


嬉し楽しいことの前の晩はわくわくどきどき。


遠足 旅行 パーティー だれかと過ごせる明日・・・・

私の場合、そんな夜は準備や仕度がひろがってなかなか終わらず

寝不足になることが多いのです。とほほほ。


クリスマス イヴ

嬉しいことを待ち望んでいたからこその イヴ ということば。

便利でありすぎる私たちの時代ですが、だからこそ

イヴ という”気持ち”を”時”を静かに感じたいです。


今日はクリスマス イヴです。

a0143868_01514900.jpg






by ayakoym | 2015-12-24 08:49 | クリスマス

羊飼い 〜 アドベント

a0143868_02251597.jpg
a0143868_02234188.jpg


クリスマス、いちばん最初に馬小屋へたどり着いた羊飼い。


聖話の中には、羊飼いがよく出てきます。

一匹でも迷子の子羊がいたならば

心配し見捨てることなく夜通し探すでしょうと、たとえ話になっています。

羊は何匹もいるけれど、その羊に代わるものはなく

それぞれの一匹一匹を大切に思う心を表しています。


みんな大切な一人。

神様は 親は 人は

だから、必ずいつでも見守っていてくれます。

a0143868_02241053.jpg




by ayakoym | 2015-12-23 08:40 | クリスマス
a0143868_07073221.jpg
a0143868_07070303.jpg

「あっ、何か見えますぞ。」「どれどれ、私にも見せてください。」

「あっ、本当だ!」「不思議に輝く赤い星が!」


東方の博士たちが夜の空を眺めていた時の会話

クリスマスの降誕劇、子ども達の台詞です、笑


博士たちは、この赤い星が救い主が生まれた印と気付き

星に導かれ馬小屋にたどりつきます。

それぞれ黄金 乳香 没薬 大事な大事な宝物を持って。


あこがれの降誕劇を年長組になって経験。

どの役も大事な役割があると、それぞれ大切に大切に台詞を言います。

喜びと緊張の中、舞台の上で演じ終えた後は、ちょっぴり大人な表情で

心も共に凛々しくなっている子ども達です。a0143868_02120389.jpg





博士役の大事な小道具は、望遠鏡です。


a0143868_07071591.jpg





by ayakoym | 2015-12-22 08:24 | クリスマス

天使 〜 アドベント

a0143868_06130945.jpg

a0143868_06124606.jpg


この世界には天使がいっぱい。


つぶらな瞳で ほっぺたがふふわふわで ぽろんと涙がでたり とろける笑顔だったり 

そんな子ども達に、私たちの心は育てられ癒されあたためられています。

a0143868_06130053.jpg





by ayakoym | 2015-12-21 09:14 | クリスマス

宝物 〜 アドベント

a0143868_06122623.jpg

a0143868_06111749.jpg


宝物を贈る。


自分の大事なものを少しだけ分けてとかではなく

全て手放すのはなかなか難しいことですね。

子ども達と接していると、そんな大人とは反対に

「これあげる」と えっ、いいの?と驚くぐらいの贈り姿があります。

遊びの中で自分の自分のとお友達と取り合うことしばしばですが

ふとした時、肌身離さず持っていたものや大事にしていたもの

あんなに大事にしていたものなのに・・・・

ただただ相手への気持ちが動いている姿です。

相手の気持ちに近づいて感じているときなのかもしれません。


気持ちという贈り物、生まれてから沢山もらっています。

a0143868_06115081.jpg








by ayakoym | 2015-12-20 23:59 | クリスマス
a0143868_23132416.jpg

a0143868_23115783.jpg


聖話には、多くろばがでてきます。


その時代 闘いの場で使われたのは馬で、ろばを使うことはありませんでした。

そのかわり人々の生活の中では、小さな身体でありながら重い荷物を運ぶなど

大切な力でありました。そんな中でもあまり目立たない存在です。

イエス・キリストを乗せた子ろばが有名ですが

我慢強く賢く柔和な動物、そのろばの働きは

静かにそっと平和の力とは何かを教えてくれています。

私たちの心に必要なものはなんでしょう、と。

a0143868_23121645.jpg




by ayakoym | 2015-12-19 23:40 | クリスマス

a0143868_15095663.jpg

a0143868_15090345.jpg


この時期、毎年必ず行くコンサート。


歌やMCを楽しむ中 ふとした瞬間

気持ちが一歩はなれた空間からその舞台を観て

美しさに心動かされる瞬間があります。

あてられるスポットライトに夢中になり

その色合いや雰囲気に見とれたりしてしまいます。

人の手でつくり出された色なのだけれど

自然の中のものとはまた違った、あたたかい色で舞台の上の人を照らします。

舞台ではライトは脇役ですが、この脇役はほどよく主人公を包んでくれています。


それぞれの星の輝きが、また誰かの輝きを助けてくれているようです。

a0143868_15091885.jpg




by ayakoym | 2015-12-18 16:04 | クリスマス
a0143868_07231862.jpg
a0143868_07224545.jpg



クリスマスまで一週間。

サンタさんは、きっとまだまだ山ほどのプレゼントづくりに大変な頃。

そろそろトナカイも 大仕事の前の心の準備。

”トナカイ(tunakay)”は、アイヌ語での呼称で

英語ですと”レインディア(reindeer)"と呼ぶそうです。


サンタクロースのたのもしい相棒ですね。


私たちにも 家族 友達 仲間 仕事も遊びも
それぞれの場に素敵な相棒 あっての今日です。
a0143868_07230757.jpg





by ayakoym | 2015-12-17 08:29 | クリスマス
a0143868_17235084.jpg

a0143868_17225077.jpg


翼を持っていますが飛ぶことができないダチョウ。


そのかわり、立派な足のキックはものすごい力があるそうです。

神様は、ちゃあんとそれぞれに必要なものをくださっている。

だから、それらをくらべることよりも

大切に 生かせるかがだいじ大事。

a0143868_17232894.jpg





by ayakoym | 2015-12-16 08:29 | クリスマス

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym