タグ:イラストファイル人 ( 31 ) タグの人気記事

七色の世界

a0143868_04104709.jpg


a0143868_04111734.jpg





友人から、海外のお土産にもらった指輪は透明のガラスが七色に輝きます。

よく眺めてみると本当に不思議で、透き通って窓ガラスのように向こう側が見えるのに

その中に虹色が見えるのです。

まるでダンスホールのライトが明るく動いている時の光のようです。



by ayakoym | 2017-12-18 09:14 | あれこれ | Trackback

お料理番組

a0143868_12324458.jpg




a0143868_12330472.jpg







お料理の番組が楽しい。

お料理を学べるだけでなく、アナウンサーが面白かったり個性溢れる先生だったり

いい感じの青年俳優さんが作っていたり。

その料理の背景に歴史があったり物語があったり。

海外ものは、チャーミングな服装で

汚れちゃわないかなぁと心配になりながら見ています。

そして、「あ~美味しそう~。」といつも言ってしまいます。


私があれこれ作る時は‥‥格好はものすごいことになっていますが

やっぱり楽しく、出来上がった時はうふふの気持ちで 

食べる時は幸せ~となっています。

そして、美味しかったよといただければ

とろけています。






by ayakoym | 2017-12-16 12:04 | あれこれ | Trackback

続ける

a0143868_22564130.jpg



a0143868_22573264.jpg






とあるコンサートへ。

デビューから毎年おこなって、なんとこの日が15,001回目。

すごいです。続けることって

いろんなことがそこから生まれますね。


そして改めて、歌っていいなぁ。






by ayakoym | 2017-12-05 16:04 | あれこれ | Trackback

忍者

a0143868_23554254.jpg



a0143868_23560515.jpg





「に」だからというわけではありませんが、忍者の話。
忍者が人気だそうです。
海外からのお客さんにもですが、子供たちにも。
だから、お仕事大忙しで人手が足りないようです。
あ、忍者手が足りないようです。

時代劇に出てくる忍者は、我が殿のため城のため、お国のために
見えないところで、良き働きをしてくれたいます。
今の時代も人の心に忍者はいるようで、
我が家族のため友のため、同僚のため、見えないところで忍々と働いてくれたりです。
なんか、嬉しい日だったなぁ〜と感じたら
それは、忍者のおかげかもしれません。






by ayakoym | 2017-12-02 23:54 | あれこれ | Trackback
a0143868_13532810.jpg

2015年の春に開催した「おやつ と おもちゃ と おみやげ展」の第二弾。

企画してくださったのはタラジロウさん、日の出計画の展覧会です。

前回のテーマは3つでしたが、今回は25名一人一つ「お」から始まる言葉をテーマに制作しました。

“まじめ作品”(30cm角の額装作品)と“あそび作品”(紐のついたストラップ作品)が展示されています。


私のお題は、『オリーブ』です。

これまでの人生、私に関係あるオリーブあれこれ表現しました。

上の絵は、「私のオリーブその1」鳩の運んだオリーブの葉です。

おまけ作品は、ちょっと早いですが『オリーブの木』の絵で作ったアドベントカレンダーです。


本日より9月20日(水)までです。

よろしければ、いろんな「お」の世界に遊びにいらしてください。

詳しくはこちらをごらんください。→ 


OPA gallery

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-23.1F Tel 03-5785-2646

11:00 ~ 19:00 ※最終日~17:00

  • オープニングパーティー/9.15(金)18:00 ~ 20:00

a0143868_14044862.gif







by ayakoym | 2017-09-15 14:09 | 展覧会 | Trackback

高校野球と夏

a0143868_03451765.jpg



夏の高校野球

テレビをつけて観てしまうとついつい夢中になってしまう。

面白いのです。

最後の最後まで本当にどうなるかわからない。

”流れ”の面白さ怖さ。野球は本当にドラマチック。

失敗してしまった時の彼に、ピンチの時の投手の表情に、最後のバッターになってしまった彼に

つらくやるせなく 切ない気持ち。

テレビの前だけれど、最後はよく頑張った!と拍手をしてしまう。


終わった後の退場の様子やインタビューの言葉、

その姿勢からまた心に伝わってくるものもあります。

出場地域にによって、ああ都会っ子だなぁ、素朴だなぁと表情を見て感じたり。


幼い頃の周りには野球少年が多い時代。

男の子は野球帽(お気に入りの球団の)がお決まりで

遊びの中でも、家の前の道路でよく簡単野球を一緒にしたりでした。

高校野球を観ている時の心、

遠い昔は憧れのお兄さんたちを観ていて、すごい大人と感じていましたが

それがだんだん同じ時代の人たちとなりぐっと身近に感じるように。

そして今は、こちら側がすっと先の者になってしまいましたが、

まだまだこれからの純粋な可愛い少年たちに 忘れていた何かをもらっているような気がします。


来年は、記念すべき第100回だそうです。

戦争時代も超えての100。素晴らしいなぁ。


大会が終わると夏の終わりが近づく感じがして、一気に寂しさがやってきます。くすん。






by ayakoym | 2017-08-24 09:24 | あれこれ | Trackback

今日の心

a0143868_20175796.jpg


本当の大事なものは何かな。

みんなの心に忘れずにありますように。

みんなおなじはずの心の花。






by ayakoym | 2017-03-11 08:04 | 素敵なこと | Trackback

春近し

a0143868_03155771.jpg

















立春です。


鬼は外~福は内~ と昨日は節分 豆まき

子ども達は鬼のお面作りをしたりですね。

紙皿や紙袋を使って毛糸の髪や角をつければなんともカラフルでお洒落鬼。

ぷ~っと膨らました風船に、新聞や和紙を溶かし糊で亜貼り付けてゆけば

本格的お面も作れます。

昔話などで登場してくる怖い鬼を観ているので

子ども心はこの時期ドキドキです。

悪さをしたりや言うことを聞かない時に

「あっ、鬼が来るぞ~。」「鬼さん見てるよ~。」

と声をかけるとかなりききます、笑(ちょっとだけ許してね、いじわるさん大人)


さて今年の鬼は逃げていったかな。


季節の行事は

いつかのその時のその風景がぽろっと思い浮かんだり。

うふふ ですね。

春は近くまで来ています。



a0143868_03161230.jpg





by ayakoym | 2017-02-04 08:40 | 季節 | Trackback

ウルフ

a0143868_02370480.jpg

稀勢の里、19年ぶり日本出身力士の横綱誕生。

やっぱり嬉しい。

その強さと技と心、精神の奥にあるのは

師匠からの心。

人から人へ伝わるもの伝えるべきものが活きて輝いてるのですね。

そんなちゃんと受け取れる心の人として

稀勢の里を育てられたご両親の喜びの姿も

とても人柄あふれ微笑ましかったです。

インタビューなどのしっかりとした言葉から

力士として記録や数字だけでなく、人としての横綱を深めてくれそうな気がします。


我が家は、初代貴乃花に始まってウルフ千代の富士に夢中でした。

お互い引退を決意した対戦

貴乃花は千代の富士、千代の富士は二代目貴乃花というドラマでありました。


千代の富士も稀勢の里も、土俵の上の闘志あふれる表情とは違う

普段のお茶目でやんちゃな一面がまたいいです。






by ayakoym | 2017-01-27 08:44 | あれこれ | Trackback

サンタクロース Advent

a0143868_23581548.jpg
















そろそろサンタクロースも旅の準備でしょうか。
ないしょのお父さんサンタやおじさんサンタも心そわそわですね。

勤めていた幼稚園では、
クリスマスページェントで、皆がそれぞれの役を舞台の上でやり遂げ、
嬉しさと自信と喜びとで心ひとつ大きくなりほっとしたところにサンタがやってきます。
毎年試行錯誤して、この人なら子供たちは気づかないわからないだろう
という方にお頼みしてサンタになっていただきます。
理事の方や、近くの外国の方。
歌が終わったら、ベルを鳴らしてからどこから出てどんな質問がなどなど・・・・
結構まるで舞台の台本のように念入りです、笑
サンタになってくださる方も、子どたちの信じる心に答えようと一生懸命。

プレゼント袋の中はご家庭にまだない絵本をそれぞれの子に用意し
サンタクロースから一人一人に手渡します。
年少さんなどは、驚きのあまりたまに涙してしまう子もいますが。
サンタクロースが幼稚園に来てくれた、名前を呼んで贈りものをくださった、
どの子もその緊張と驚きと喜びが表情と身体いっぱいににあふれています。

サンタクロースは、「いつも見ていたよ」と子どもたちの一年の活動を語り
良かったことも悪かったことも知っていて、
そしてこれからもどうあってほしいと願いを伝えます。


贈り物は、ほしいものをというより
その人を想って考え見つけたものが 心に暖かさを届けられるように思います。

a0143868_00410383.jpg





by ayakoym | 2016-12-17 23:40 | クリスマス | Trackback

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31