タグ:イラストファイル風景 ( 45 ) タグの人気記事

今日の私

a0143868_23430209.jpg

今日、私に起こったことは明日の私に繋がっていて。


赤ちゃんを育てて、赤ちゃんとの時がお母さんを育ててくれて

そうしてお母さんになっていけるように、


昨日のあのことが、この間のこの人が

今日の私へと育ててくれている。

だから、もったいないもったいない

大事に大事に 一つ一つ。






by ayakoym | 2017-10-12 23:49 | あれこれ

月のきれいな夜の心

a0143868_00234863.jpg



先日は、十五夜。

月灯りほんとうにきれいでした。

「今日は、十五夜だね、お月見だね。」と仲間と空を眺め

時々雲に隠れたりでしたが、顔を出した時は月の輝きのおすそ分けいただいて

みんなが笑顔できらきら。

いろなんことがあった日でも、最後にいい夜空に会えると心ほんわかです。


そして今日は、ノーベル平和賞のその心が広がることを願いつつ。

大切なものは、目に見えるものではなく見えないもの。

それがこの賞の中に生きているのだなぁと感じます。


みなさま良い連休をお過ごしください。






by ayakoym | 2017-10-07 00:40
a0143868_01062217.jpg



「お」展、その後ということで、こちらにみなさんのあれこれをまとめてくださいました。


”おわりに”のお言葉にあるように、みなさんのいい味のあそびがいっぱいでした。


これからもあそび心を大事に育てつつ、いいもの生み出してゆけたらです。

どうぞよろしくお願いいたします。






by ayakoym | 2017-09-25 08:14 | 展覧会

高校野球と夏

a0143868_03451765.jpg



夏の高校野球

テレビをつけて観てしまうとついつい夢中になってしまう。

面白いのです。

最後の最後まで本当にどうなるかわからない。

”流れ”の面白さ怖さ。野球は本当にドラマチック。

失敗してしまった時の彼に、ピンチの時の投手の表情に、最後のバッターになってしまった彼に

つらくやるせなく 切ない気持ち。

テレビの前だけれど、最後はよく頑張った!と拍手をしてしまう。


終わった後の退場の様子やインタビューの言葉、

その姿勢からまた心に伝わってくるものもあります。

出場地域にによって、ああ都会っ子だなぁ、素朴だなぁと表情を見て感じたり。


幼い頃の周りには野球少年が多い時代。

男の子は野球帽(お気に入りの球団の)がお決まりで

遊びの中でも、家の前の道路でよく簡単野球を一緒にしたりでした。

高校野球を観ている時の心、

遠い昔は憧れのお兄さんたちを観ていて、すごい大人と感じていましたが

それがだんだん同じ時代の人たちとなりぐっと身近に感じるように。

そして今は、こちら側がすっと先の者になってしまいましたが、

まだまだこれからの純粋な可愛い少年たちに 忘れていた何かをもらっているような気がします。


来年は、記念すべき第100回だそうです。

戦争時代も超えての100。素晴らしいなぁ。


大会が終わると夏の終わりが近づく感じがして、一気に寂しさがやってきます。くすん。






by ayakoym | 2017-08-24 09:24 | あれこれ
a0143868_22483033.jpg



バスを降りてちょっと先を行く女性、

ふと立ち止まり 道へ下ろした手を並木の幹へと動かします。

ひっくり返っていた蝉をそおっとお助け。

地上でのわずかな一生、まだ力はあるよと応援です。


夏の朝の玄関前は、ちょっと鳴き疲れた蝉たちがよくひっくり返ってじぃっとしています。

たいていは、ゆびをそぉ~っと添えると足で掴み

力をかすと木へ止まったり ちちちちと鳴きながら空へ飛ぶことができます。

よかったよかった、夏の音今日も聴かせてね。



残暑お見舞い申し上げます。

太陽がじりじり、焼けてとろけてしまいそうな夏ですね。

街歩きもわずかな日陰を探しつつです。

ここ数日は少し和らぎほっとしています。


東京生まれな私、この時期帰省する友が多いので

心はちょっぴり寂しいです。

みなさん心ゆっくり良い時を、行ってらっしゃいませ。

笑顔のお帰りお待ちしております。






by ayakoym | 2017-08-13 22:54 | 季節

今宵のごちそう

a0143868_23500193.jpg



飲んでおしゃべりする中で

その人の人生をお聞きしたりする時がある。

切なかったり、じんわりだったり、驚きもあればずっこけだったり、大笑いものもあります。

そうしてまた、その人を知ることができ愛おしくなっているのです。

付き合いが深い浅いは別として、

広い世の中で、こうして関わり合えた方の人生に ちょっとお邪魔することができたそんな席。

なんともハートが美味しさを味わえて

ああ、ごちそうさまな夜だったなぁと帰るのです。






by ayakoym | 2017-06-01 23:56 | あれこれ

緑の時です

a0143868_01021200.jpg


連休あたりから緑が元気になって来ました。

この間まで 寂しい枝の先だったけやき並木もあっという間に緑いっぱいです。

こうなると、しばらくの間心地よい日陰の道になり

少しぐらいの雨の日には、傘を忘れても濡れないよう助けてもらえます。


とても大きなけやきなのですが、根の部分は歩道のコンクリートに囲まれています。

きっと苦しいだろうなぁ~。


大きな幹にぽんぽんと触りながら、見上げる枝先は、まだまだ広がりそうです。

けやきさん、今日も気持ちの良い空気をありがとう。






by ayakoym | 2017-05-18 08:14 | 季節

道端の職人

a0143868_01304573.jpg


こちらに越してきた当時、

近くの曲がり角にそのおじいさんはちょこんと座っていました。

磨ぎ屋さん、切れの悪くなった包丁などを道端で磨いでくれます。

古い磨ぎ道具を広げてお客さんを待ちます。

預けてから大体の時間を読んで取りに行き、混んでいるときには「届けに行きますよ。」と。

鋭いものを扱う仕事だけれども、おじいさんはやさしく柔らかい香りがしていました。

我が家のとてつもなく古い包丁も、戻ってくる時にはちょっときらりと輝いています。

持ち手のところもボロボロで、、そんなところも「補強しておきましたから。」と。

愛情を持って復活させてくれるのです。大事に大事に磨かれて戻ってくる。


住宅街の路地で仕事人なんて初めてでした。

なんだか、お得な自慢な感じ。

月の決まった頃にある姿は

暑い時期は、ちょっぴり心配だったらり。

しばらく姿がない時も、心配になり・・・・再びの姿に嬉しくなったり。

そうしてとうとう本当に、その姿に会えなくなってしまいました。


おじいさんにいただいた愛情分、我が家で長生きできた包丁です。

長く使えるものを作る人がいて、それを大事に守ってくれる人がいて。

職人技こそ本当にエコですね。

今日はふと思い出しました、おじいさんの姿です。


本日もまたまた春の嵐のようです。

みなさん、お気をつけくださいませ。



by ayakoym | 2017-02-23 09:04 | 素敵なこと

喜びを共に Advent

a0143868_23262295.jpg
















季節はずれのハイビスカスが咲いている、そんな今年のクリスマスです。


Joy to the world


心の奥がつーんとする時

ずきんと心痛い時

どーんと沈んだ心の時

その心のそばにいて共に つーんずきんどーんと分け合えたなら

人と人は、そうして繋がって

きっとやがてやってくる喜びの時。

あなたの笑顔が誰かの笑顔を生むのでしょう。


Merry Merry Christmas ☆


a0143868_23264961.jpg





by ayakoym | 2016-12-25 09:14 | クリスマス
a0143868_01483449.jpg
















心ほんわりといえば、

友人と幼い頃のクリスマスの話をして

サンタクロースはいつまで信じていたかなどなど。

もらったプレゼントの話などなど。

立派な大人もその頃の話になると 何だかきらきら少年少女のいい顔になります。


お互いの幼い姿は知らないのだけれど、その時に入れたような。

ちょっと心の奥がくすぐったいのですが、なんだかいい時でした。


a0143868_01490648.jpg






by ayakoym | 2016-12-19 09:04 | クリスマス

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30