なんじゃもんじゃはかせのおべんとう

a0143868_00354968.jpg



なんじゃもんじゃはかせは旅人です。

友達のゾウアザラシがおともしています。

ある日お弁当をつくって出かけるとへんな木が嬉しそうに躍っています。

すると、美味しそうなお弁当が食べたいと追いかけて来ます。

はかせ達は一生懸命逃げます。

海老、じゃがいも、豚の鼻、

お弁当を食べたいと次から次へと巨大なおばけがやって来ます。

せまってくるおばけに、はかせの奥の手は~

お弁当のおかずの品物をぐいっと見せて・・・・


a0143868_00332263.jpg


お久しぶりに
絵本しついて。
長新太さんの

絵本です。














ゾウアザラシも大きいのですが、出てくるおばけがさらに巨大。

大自然にどーんとやって来ます。

長さんの描く作品は本当に色がはっきり鮮やか。でも強すぎず、きれいな色です。

そして描く筆の流れが本当に気持ちいい。ダイナミックですが繊細で優しいのです。

主人公は何処からやって来て何処へ向かっているの?

なんために旅をしているの?博士は何処の人なのか?

まったく謎のなのですが、そんなことはおかまいなしに

ありえない面白い物語に、心に笑いが生まれ 癒されます。



この絵本のもとは、福音館の「母の友」にて1985年から連載されていた16コマ漫画から

生まれています。

「母の友」は子育て中の母親や保育者 大人に寄り添い、伝え、学び合い、力を育てられるような月刊誌。子育てのことばかりでなく各方面のアーティスト作品なども掲載され、美術的な面でも深い内容があります。大自然の写真家として有名な星野道夫さんや、今は猫で有名な岩合光昭さんなども若かりし頃作品がお披露目されていました。

そんな中に、”なんじゃもんじゃ博士”もありました。

色はなく線画での表現、何ともゆるい線がのび表現されたマンガどうわです。

そのゆるおかしさに はらはらどきどきどきしながらも、毎月最初に読むのは博士のページ

でした、笑マンガどうわとしてまとめたものも出ています。


長さんには、数多くの生き生きとした絵本作品があります。

初期の作品では寺村輝夫さん作で絵を担当した「おしゃべりなたまごやき」など。

またいつかこちらについては書きたいと思います。


みなさんも、なんじゃもんじゃはかせの世界をお楽しみあれ。




                  なんじゃもんじゃはかせのおべんとう  

                  長新太                 作・画

                  福音館書店  こどものとも年中版1993年12月号

                         カバー版初版2009年2月発行






トラックバックURL : https://ayakoym.exblog.jp/tb/22735004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ayakoym | 2016-04-21 08:40 | 絵本のこと | Trackback

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30