育ち合う

a0143868_02000180.jpg



赤ちゃん 子どもの頬っぺたは、どうしてでしょう

とっても触りたくなります。クリクリ‥‥

私もよく父にクリクリされた覚えがあります。

保育学校の授業で、「赤ちゃんは、愛されなくては可愛がられなくては育ちません。

愛が必要な生きもの、だから小さくて可愛いのです。愛情をいっぱい受けるために。」

と先生の言葉。本当にそうだ。

そして、大人になった私たちには

愛情を注ぐ相手、守るべき者の存在は大切なもの。

いろんなものを置き忘れて来ている大人の心にとって、子どもは必要なのだ。

育てているのだけれど、育てられている、ありがとうの関係。


今年の夏は、辛い災害があちらこちらで起こってしまいましたが

そんな場所にいる子どもたちのことを思います。

でもきっとそこでも、子どもたちは大人にとって生きる力となっているはず。


熊本のチャリティーに参加しています。

熊本県の花、木、鳥になっている、リンドウ、楠木、ひばりを

元気に咲き育った姿を描きました。

お近くの方、よろしかったらお立ち寄りください。


熊日チャリティー知名士色紙展

日時 8月22日(水)~26日(日)10時~18時

場所 鶴屋ふれあいギャラリー 東館8階

詳しくはこちら






# by ayakoym | 2018-08-24 08:04 | あれこれ | Trackback

水と色鉛筆展

a0143868_16324836.jpg



昨日から始まっています。

ドイツの筆記具ブランドファーバーカステル(DKSHジャパン)の水彩色鉛筆を使って

TISの会員が表現。私も参加しております。

外苑前のギャラリーダズルにて開催中です。

とても暑い中ですが、どうぞみなさま

131名の心から生まれた色とタッチを楽しみにいらしてください。


描いた紙の上で水で解いたり、直接鉛筆の先を筆で解いたり、

濡らした紙の上に描いてもいいです。いろんな使い方から、あらゆる表現ができます。

他の画材と使い合わせてもいい感じです。

色鉛筆は普段よく使うのですが、

今回使わせていただいた”マグナス・デューラー”は鉛筆がとても太い!

色を塗ることの表現にいろいろできて(鉛筆の先そのまま立ててや横にしたり)

奥が深いです。




FABER-CASTELL×gallery DAZZLE×TIS 「水と色鉛筆」展


日時:2018年7月24日(火)~29日(日)12:00~19:00(最終日17:00まで)

   入場無料 会期中無休

場所:gallery DAZZLE

   東京都港区北青山2-12-20 #101 tel 03-3746-4670


♦︎開催イベント~28日のイベントは台風の影響を考慮して中止となりました。

        28日のギャラリーは16時までとなります。

 ・7月28日(土)作家Day(参加作家が在廊します)

 ・7月28日(土)14:00~ 佐々木悟郎氏による水彩色鉛筆デモンストレーション

              自由にご覧いただけます。



FABER-CASTELL(DKSHジャパン)とgallery DAZZLEはTISの賛助会員です。

画材やギャラリー空間をご協力いただきました。

ファーバーカステル水彩い色鉛筆/マグナス・デューラーアートグリップ






# by ayakoym | 2018-07-25 16:49 | 展覧会 | Trackback

宇宙

a0143868_04183026.jpg



今日は月半分とちょっと、そばに赤く輝く星のある夜。

⭐︎はやぶさ2⭐︎が小惑星リュウグウに近づいているようです。

太陽系の誕生、生命誕生の謎に迫るミッション。

宇宙の話は、思い浮かべると自分の心?は魂?は宇宙に飛んで行き

気になっていることや悩んでいることがすっと消えてしまいます。

生命誕生の秘密を知った時、私たちはどう生きるのでしょう。

変わるのかしら変わらないのかしら。

知ることがでいない方が良いのかもしれない。

謎のまま不思議なままそれがいいのかもしれません。


地球の中の小さな宇宙。

森の中では、木々も枝も花も草もみんな空へ顔を向け

なんだかおしゃべりをしているみたいです。






# by ayakoym | 2018-06-22 08:40 | あれこれ | Trackback

雨の季節です

a0143868_02180512.jpg



言葉で伝えること

話すという事は、私たちに与えられた一つの力であって

だからこそ そこから得るものはたくさんあるように思います。


実際に目と目を合わせ その声と表情と共に交わす言葉もあれば

その人の字で手紙で届けることもあります。

遠く離れた場所ならば、電話の声で。

今は、便利なメールで届け合うことも一つの形。


でもやっぱり、お互いの息を感じて話す時が一番。

そしてそんな時の”話す”は、言葉が出なくてもいい。

違う話になってもいい。

でもなんとなく心の中の言葉は伝わっているように思うのです。



雨の季節になりました。

この季節の雨音流れる日は、なんとなく立ち止まり

自分の心も洗われているような感じがします。

次にやってくる晴れ間には、小さな生まれ変わりの時があったりできらきらです。






# by ayakoym | 2018-06-07 09:14 | あれこれ | Trackback

都会の森

a0143868_03174275.jpg



連休はいかがお過ごしでしたか。

風と雨の時もありましたが、緑輝くお天気が気持ちよかったですね。

この時期は、下を眺めても上を眺めても緑が沢山。

ベランダの鉢物もありや虫目線になって見ると、森がそこにあるようです。

ちょっとこちら側が宇宙になった気分。


遠出はせずに、都会の森をぶらぶらしたりしましたら

何年ここにいるのだろうと思うくらいの大きな樹があちこち。

まっすぐ伸びているものもあれば、踊るように横に広がっているものも

樹の幹を見ていると面白いです。

いろんな人たちの姿にも見えたり‥‥


そう、そこで育っただけの時代を過ごし人に出会って来たのですね。

もしもし、そちらから見える私たちは、どんなですか?






# by ayakoym | 2018-05-07 09:04 | あれこれ | Trackback

ネモフィラ

a0143868_21570483.jpg




春、緑の季節に咲くネモフィラ。好きな花の一つです。

花開いても、ほんの小指の先ぐらい。

小さいけれど、とっても凛々しく咲いています。

私の気持ちのそばで、へぇそうなのね。よいしょ。ぽっ。うふふ。などとつぶやき咲いています。


以前も書きましたが、オードリーヘップバーンが愛した花なんだそうです。

この間友人にいただいたのは、薄い色で可愛いさあふれます。

以前、種をもらって育てたのは、黒に近い群青色で、ちょっと大人っぽい。

この色がたまらなく魅力的。

近年、あちこち探していますが‥‥なかなか出会えません。


魔法の時。

約束をして会うのは、その時間までわくわくしたりもしますが

偶然にばったりは、なんかそれ以上に嬉しい。

ちょっとの何かが違っていただけで、もしかしたらその偶然はなくなっていたかもしれない

と思うと、大事な愛おしい時間に思えてきます。


ゆらゆらネモフィラゆれる春です。






# by ayakoym | 2018-04-19 22:30 | あれこれ | Trackback

イラストレーター   山崎綾子のブログです。私の出会った心に美味しいものたちをおしゃべりします。ちょっと私のイラストレーションも。


by ayakoym
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30